記事一覧

君ヶ浜松林のイスカ Ⅲ

 イスカ第三弾ですが、第一弾とは違う画像にしたつもりですが、同じような画像に見えましたらご容赦下さい。君ヶ浜松林でイスカがこんな近くで撮れるとは思ってもみませんでしたから・・。最初の27日はカメラマン6人だけで撮っていましたが、30日は4~50人、31日は延べ150人程になったのではないでしょうか!?
 珍しく桜の木に止まりました。
交喙10301-4









交喙10302-4









交喙10303-4









交喙10304-4








交喙10305-4










交喙10306-4









交喙10307-4









交喙10308-4









交喙10309-4









交喙103010-4









交喙103011-4









交喙103012-4









交喙103013-4








 枯れ松葉も補正次第で・・・・・。逆光を利用しました。
交喙103014-4









交喙103015-4









交喙103016-4









交喙103017-4









交喙103018-4









交喙103019-4









交喙103020-4








若(♂)赤みが淡いです。
交喙103021-4









交喙103022-4








 松ぼっくりを銜えて飛び立つ瞬間です。
交喙103023-4









交喙103024-4


追伸
今回のイスカブログを作成するに当たり、ネットで調べていた時「たまごから孵って間もない雛は普通の嘴で、1~2週間経つと先が交差してくる。しかし下の嘴が右に出るか左に出るかは決まっていない」という説明でした。このブログですと見易いのは4~6枚目が右、10枚目が左に曲がっています。お気付きでしたでしょうか?












































スポンサーサイト

コメント

イスカ

真っ赤なイスカいいですね。
今年は、冬鳥がたくさん入りそうな予感ですね。
逆光も良い感じですね。
近くで撮るとイスカ独特の迫力がありますね。

交喙

 メスも結構撮りましたが、オスの方が被写体としては良いのでどうしてもカメラがそちらへ向いてしまいます。午前中はどうしても逆光になる為、敢えて挑戦しました。近くは4~5mでしたのでピンも合い、良い画像が撮れました。

コメントの投稿

非公開コメント